283/365日の出来ごと

MCTオイルを比較してみた。Amazon VS COSTCO

めちゃめちゃ久し振りの投稿です。

 

ちょっと色々あって、

最近、酒量を減らしております。

 

で、

その理由のひとつとして、

目下ダイエットに挑戦中です。

 

はい、

今流行の低糖質ダイエットをやってみてます。

 

大体、3ヶ月つづけていますが、

その甲斐あってか、12kgくらい体重が落ちました。

 

それでも、

まだまだ若かりし頃には、程遠い体型です・・・。

 

あと8kgくらい落としたいですね。

そうすると、20kg減量に成功ですね。

 

んで、

そんな低糖質ダイエットを敢行中に停滞期に陥りまして、

食べる量を少し減らしても、

ちょっと歩く距離を伸ばしても、

夜にお酒を飲まなくても・・・・。

 

全然、体重に変わりはなし・・・。

 

そんな折、

ある記事で【MCTオイル】が効果的との情報を得ました。

 

私は思わず、

「マジかぁ〜???」

と疑っておりました。

 

まあ、なにわともあれ、

考えていても体重は減らないので、

MCTオイルを試してみることにしました。

 

それで、

どんなMCTオイルが良いのだろうかと、

あれこれネットを徘徊しましたが、

どれもよく解らない情報ばかりでしたので、

Amazonで一番売れているらしい商品を購入してみました。

 

それが、これ。

クリックでAmazonにリンクします

 

パッケージが変わったのか、Amazonの画像はやたらとグリーンっぽい。

裏とかの画像はこちら。

クリックで画像拡大されます

 

何やら、

瓶にも、Amazonの商品ページにも色々と書いてありますが、

正直、説明文の意味がわかりません。

ココナッツ由来100% MCTオイル 170g (MCT OIL 100% PURE COCONUT SOURCE) 有機バージンココナッツオイル5%配合 中鎖脂肪酸油98% ココナッツ由来100% MCTオイル 170gはオーガニックバージンココナッツオイルから主に中鎖脂肪酸のカプリル酸(C8)とカプリン酸(C10)を取り出して、ココナッツオイルの特徴の一部を強めたサプリメントのような健康オイルです。

Amazonの商品詳細より抜粋

ナンジャ、そりゃ!!??

 

摂取方法としては料理に使うといいらしい・

<食べ方:サプリメントのような健康オイル> ・加熱せずに、そのままお料理やサラダにかけてご利用下さい。 ・コーヒーや紅茶、スープやカレーなどに混ぜてご利用下さい。 ・スムージーやヨーグルトに混ぜてご利用下さい。 (ご利用方法) ●加熱調理には向いておりません。

Amazon商品詳細より抜粋

と、言うことらしい・・・。

 

で、

私は毎朝、コーヒーを飲むので、

それに入れて試すことにしました。

 

なにやら、コーヒーの泡とMCTオイルが入り混じって大変なことになってます。

 

ただ、味自体は悪くありません。

ほとんど味は無いのですが、

微かにココナッツの風味が加わる感じです。

 

単純に毎朝飲むだけなんで、なんの苦労もありません。

飲んだ感想としては、

何も入れないコーヒーを飲んだ時よりも、

お昼にお腹が空きにくくなった様な気がします。

いわゆる、腹持ちがいいと言うことでしょうか?

 

このMCTオイルは、

油でありながら血糖値を上げずに、

直接、肝臓で分解されるらしく、

その結果、肝臓内でケトン体が生成されるので、

低糖質ダイエットに重要なケトン体質に悪影響を与えないとのこと。

 

お米と麺類をひたすら我慢して、

肉ばかり食ってる低糖質ダイエッターにとっては、

夢のようなオイルだと言うことらしいです・・・。

 

ホンマかいな??

 

まあー、よく分からんけど、

食べたい欲求を程よく抑え、

低糖質ダイエットの目的であるケトン体質を維持出来るオイルらしい。

 

でで、

そのオイルですが、

Amazonで買うと、1,280円もします。

 

毎朝、コーヒーに入れて飲むくらいなら、

そんなに使用しませんが、

ダイエット用にサラダのドレッシングなんかに使うと、

あっという間に減ってしまいます。

 

そんな折り、

たまたまコストコへ行ったところ、

なんと!売っておりました!!MCTオイルが!!!

 

これです!!

コストコで売っているMCTオイル

 

裏とかに書いてある成分表とかは、こちら。

 

で、コーヒーに入れた感じはこちら。

Amazonで売っているのと見た目はいっしょ

 

ほんでもって、

肝心の味はと言うと・・・。

 

まったくもっての「無味無臭」。

 

最初のAmazonのオイルよりも少しばかりサラサラしている気がします。

 

まあ、ドレッシングとかの料理に使うのなら、

ココナッツの風味があった方が良いと思いますが、

コーヒーとかの飲み物に入れるのなら、

コストコのMCTオイルの方が合っていると思います。

 

Amazonの方は、100%MCTオイルではなく、

95%のMCTに、5%のココナッツオイルを調合したものです。

 

この5%の部分がココナッツの風味を醸し出している訳ですな。

 

それに比べコストコのMCTオイルは、

100%のMCTオイルです。

 

それ故の無味無臭。

 

 

・・・と、

ここまでは味の比較でしたが、

やはり、気になるのはお値段です。

 

AmazonのMCTオイルは、170g¥1,280円

コストコのMCTオイルは、470g¥1,398円

 

内容量において実に2.7倍以上の差があります。

金額においては、118円の差。(約10%)

 

1gでの比較になると、

Amazonが約7.5円/1gに対し、

コストコが約3円/1gとなります。

 

もうこれは、【コストコ/COSTCO】の勝利でしょう。

 

因みに、

コストコは年会費が要りますので、

Amazonもプライム会員の前提で送料を入れておりません。

 

なので単純にコストだけを考えるのなら、

コストコのMCTオイルをおすすめいたします。

 

しかしながら、

【コストコ/COSTCO】は店舗数が少ない。

家の近くにない人も沢山おられるでしょう。

 

そのことを考えると、

一概にどちらが良いとも言えませんな・・・。

 

 

がっ!しかし!!

 

なんとコストコのMCTオイルが通販でも買えます!!

しかも、Amazonで!!

 

AmazonでMCTオイルを検索したら、

なんとコストコのMCTオイルが販売されているではありませんか。

これです。

パッケージが微妙に違いますが、

想像元メーカーは同じ「フラット・クラフト」で

内容量も同じ470gで、瓶の形もいっしょ。

ついでに説明文も、ほぼほぼ一緒で特定完了ですね。

 

しかしながら、

お値段が違っています。

 

コストコで買うと、1,398円。

Amazonで買うと、1,788円となります。

 

その差、390円。

 

1gあたりに換算すると、

3.8円/1gなので・・・、

0.8円高いということになります。

 

でも、

【コストコ/COSTCO】の年会費と、

そこまで行く時間と労力を考えたら、

Amazonでサクッと買った方がお得だと思います。

 

 

最後に、

MCTオイルを摂りだしてからの感想は、

オイル摂取前よりもお腹が空きにくくなったという事です。

 

朝にMCTオイル入りのコーヒーを飲むとお昼まで全く空腹感を感じなく、

その為、お昼ご飯を少々遅めに取ることにしました。

 

それで夜まで時間がありますが、

夕方にまたMCTオイルコーヒーを飲めば、

夕飯を食べなくても、

それほどお腹が空かないようになりました。

 

その勢いで、夕飯をパスすれば、

更にダイエットが加速できます。

 

しかし、

お昼はしっかりと取ってくださいね。

そうでないと、

身体が筋肉からエネルギーを作り出してしまうので、

体重が減っても筋肉量も減るので、

逆に痩せにくい身体になってしまいます。

 

渡しの場合は、

お昼に「肉」を食って、

高タンパク質で低糖質の食事を心掛けております。

 

もちろん、白ご飯は食べません。

 

でもって、

ラーメンもほとんど食べないようになりました。

 

そうすることに拠って、

マイナス12kgの減量に成功しているのだと思っています。

 

まだまだ、これからも低糖質ダイエットは続けるつもりですが、

今でもたまに呑みに行っていますし、

週末は泥酔したりしています・・・。

 

それでも、12kgは痩せられたので、

低糖質ダイエットは私の身体に合っているのだと思います。

 

約1年前と同じ体重でも、

体脂肪が減り、筋肉量が増えたので、

体調はすこぶる良いです。

 

階段の上り下りも大分楽になりました。

 

全てがMCTオイルのお陰だと言いませんが、

無駄な食欲を抑制し、

ケトン体質を維持しやすくなると思うので、

ズボラな私にとっては、

まさに食べるだけダイエットの手助けになっていると実感できます。

 

決して高い買い物でもないので、

一度、試してみてはいかがでしょうか?

 

【結論】

MCTオイルはコストコが安いが、

Amazonでも同じ物が買える!!

 

 

⬇⬇100%天然原料のMCTオイル⬇⬇

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。